やたらと燃える女装フェチ動画

異形の形に興奮する男性たち

正式の男女の性の違い、そしてその性の違いによって力関係が発生して行われる男女の性行為は見る人を興奮させますし、見る者のモチベ-ションを高いところにいざなうことが多いです。

ただ、この世界は個人差がものすごく有って、大多数の人間が興奮するものとは、異なるものに大変興奮する人がいます。普通のエロ動画にも興奮するが、異形の形でも興奮する男性が現実にある一定の確率で存在します。女装フェチ動画の強い支持者の男性はそういう人たちに当たります。

女装癖のある男性は、綺麗なものに対する憧れは大変強いのがだんだんと発展していって、自らが綺麗になるべく化粧を始め、衣装を変えて、カツラをかぶるという行為に進んでいくことが多いです。

自分が女装癖があるかどうかの確認方法

女装フェチ動画には、普通の男性が、女装してその変化の過程をつぶさに写し、街に出かけるところまでを写します。見ている男性と出てくる女装した男優さんとの性行為(?)をこの段階でこなします。

ここまで見ることで、自分が本当にこの世界に向いているのか、単にチョイかみ程度の興味であるかが良く分かります。向いていると思われる人はドンドン画面に引き込まれていきますし、そうでない人は退屈してきます。

歴然と差が出ますから、「自分は、本物の女装癖?」と迷っている男性は、女装フェチ動画を15分でも見れば、はっきりとわかります。そしてその動画は、さらに次のステップに進むことがお決まりのパタ-ンになっています。

気になった方はニューハーフ・女装娘の無修正動画サイト | アヌスチャンネルという女装フェチ動画について語ってるサイトがあるので参考にしてみてください。

女装フェチ動画の具体的な内容とは

筋骨隆々のたくましい男性が、登場してきて、その男性に最初から登場している女装した男優さんの、粘りつくようなフェラチオ攻撃が始まることが多いです。

体は男でも、心は女ですからある意味当然のことになるのかもしれません。なめて、触って、しゃぶりつくすことで筋骨隆々の男性の性器は大きく腫れあがります。女装の男優さんを女優さんに置き換えたら、普通のAVと同じです。

ただ独特の空気感は厳然として流れているのは終始一貫しています。そしてその大きく腫れあがった特大のペニスを、女装した男優さんのアナルに挿入するという形が基本形になっています。これも、好き嫌いが別れる絵柄になります。

セックスを最高に楽しむために大切なこと

セックスは、男と女が気持ち良くなるための行為です。また、恋人やパートナーという間柄では、愛を確かめ合うための行為なので、非常に重要だと言えます。セックスは、相手に興奮すればするほど、気持ち良くなることができます。しかし、相手に慣れてくると、徐々に気持ち良さや興奮が低下してしまい、回数が減少する場合があります。回数の減少は、恋人やパートナーとの関係に影響を及ぼしかねないことです。ですから、どうすれば楽しめるのかを日頃から考えることをお勧めします。

セックスを最高に楽しむために大切なことは、時には耐えることも必要ということです。欲求が高まった時にすぐ性交渉できることは、欲求を満たす上で必要な行動です。しかし、欲求をいつでも満たせる環境は、性欲の減少や慣れに繋がる行動だと言えます。そこで、欲求が高まった時は、あえて我慢をするのです。満たせるはずの欲求を我慢することは、辛いことかもしれません。しかし、欲求を我慢すればするほど、相手のことを愛おしく思えたり、興奮度が高まったりなど、色々な部分でメリットがあります。

欲求を最大限まで我慢した後の性交渉は、これまでの中で最高に良いセックスを体験できるチャンスです。特に、男性の場合は1発目の射精時、とてつもない快感を味わえる可能性があります。ただし、久しく射精をしていないということで、感覚が敏感になっており、普段は遅漏気味なタイプでも、性欲が溜まっている時は早漏になってしまう場合があります。1発目の快感を大切にしたい時は、激しさを抑えてスローペースで動くことによって、長く快感に浸っていることができます。

女性の場合、男性より気持ちを重要視する傾向にあります。ですから、恋人やパートナーと久々のセックスをした時は、愛の言葉をたくさん掛けてもらうことをお勧めします。そうすれば、精神的な部分での気持ち良さが最高になり、その上で久々に挿入されたり、愛撫されたりなどを体験できるので、快感は高くなります。

質が上がった?AV女優の今昔物語

AVが世の中で一般的に認知されるようになってから、もう30年超。いままで幾多のAV女優が生まれ、そして消えていったのでしょうか。年間に数千人の単位でデビューするという女優数を考えると、名前を変えただけなどの重複数を考慮しても、トータルで数万のAV女優がこれまで男の煩悩を刺激し続けてきたということになるでしょう。

そんな30年を振り返ってみても、今と昔を比較して思うことは、ビジュアル面での圧倒的な向上と、本番度合いも含めたプレーの過激化は間違いないところです。一応昔でも顔の綺麗な女優は結構居たのですが、そういう人は貧乳だったり、擬似だったり、巨乳でも顔は?だったりと、なかなかフェイスとボディ、プレーの全てで魅了する女優さんはほとんど居ませんでした(逆に言えば、そういう人が出てくると、AV史上に今でも名前が残る程のインパクトを与えていることがほとんどです)

しかしそのような流れも、時代を経る度にドンドン変わっていき、今では顔も可愛かったり美人だったりする上に、身体もグラマー、プレーも過激と、昔だったらAV史に残りそうなAV女優がドンドン現れています。

どうも見ていると、同じような顔に同じようなおっぱいと、何か違和感を覚えている方も多いのではないでしょうか?それもそのはずです。どうも今のAV女優は昔と比較して顔から身体まで「いじっている」、つまり整形している可能性がかなり高いようなのです。その上「カラコン」で黒目部分を大きくしている人も多いですから、そういう意味でもかなりビジュアル面での上げ底があるんですね。

ですから、今の女優さんが昔より本質的にレベルが高いかどうかは、実際に上がっている人もいるだろうけれど、そうでない人も多そうだというのが現実でしょう。

ただ、今の女優さんは見た目もプレーも過激な一方、何か個性というのが見えてこないという点も気になりますね。顔の系統が同じようなタイプばかりで、金太郎飴みたいなことも原因としてあるでしょうが、性格も似たような女優ばかりということがあるかもしれません。

大人のキスは嫌いではないです

キスと一言だけ聞くと甘酸っぱいかんじもします。
ですが、世の中にはエロいキスだってたくさんあるわけです。
初歩的なもので言えば頬にちょっとするのがあります。
これは非常に可愛らしいですし、こういう話を見聞きしただけでテンションが上がります。
ですが、大人がするものは凄いです。
舌を絡めるのは、人によっては抵抗がある人もいるかもしれません。
ですが、好きな人と舌を絡められるなんて中々出来る機会はありません。
それはお互い恋人であってもです。
お酒に酔ったからこそ出来るという人もいるのではないでしょうか。
私も実はあまり経験が無いのですが、いわゆるディープキスをすると息が荒くなって、彼氏にエロいと言われてしまいます。
ですが、こんなことをして息が上がらないなんて無理な話です。
また、口だけではあれなので体中にされるときもあります。
優しくしてくれるなら大歓迎なのですが、こっちが望んでいないのに自己満足でやりまくる人がいます。
これは困ったものです。
跡がついても責任をとってくれるわけでもないのに、無理矢理しようとするのです。
最悪絶対に人に見られないところならまだしも、見えるか見えないか微妙な場所にやられてしまうと、憤りさえ覚えます。
もうこれは愛情というより支配欲や独占欲ですよね。
そういうの嫌いではないですが、こっちの気持ちも考えてやってほしいなというかんじです。
私がキスされると嬉しい場所は、耳ですね。
優しくされると結構弱いです。
いわゆる性感帯なのかもしれないですね。
多分、引っ張られるくらいだったらただ痛いだけなのですが、少し触られるともう駄目ですね。
ただ、息を吹きかけられるのはあまり好きではありません。
自分で言うのも何ですが、なんだか不思議ですね。
あとは、足の指も凄く弱いことに最近気づきました。
もしかしたら耳より弱いかもしれません。
反射的にビクッとなってしまい、本当に恥ずかしいです。
でも、どこだと確実に感じるか分かっているのはいいことなのかなとも思います。

XVIDEOで無料動画を楽しみ抜く方法

どんな世界にも流行り廃りはありますが、ネット上の無料動画にも流行は存在します。アダルト動画比較サイトで人気動画サイトランキングを見てもそれを感じます。十年前に定番となっていたアダルト系の動画配信サイトも今ではほとんどが閉鎖に追い込まれていますが、最近ではこれまでの無料動画サイトのクオリティをはるかに凌ぐサイトが登場しています。
それはXVIDEOです。ご存知の方も多いでしょうが、今では女優さんの名前やプレイの種類で検索してもこのXVIDEOの動画サイトに辿り着くことが多いので、知らずに使っている方も多いでしょう。
このXVIDEOは海外のサイトなのですが、日本人も多く投稿しているので日本のアダルトビデオが非常に豊富です。さらにクオリティの低い画質の荒い動画や一昔前の動画ではなく、高画質で最新の動画がすぐにアップロードされています。中にはDVDと変わらない画質の動画もあるので、これまでレンタルやセル版を購入していた方は一気に乗り換えようと思うほどのクオリティのはずです。
さらにこうしたXVIDEOは海外のサイトなので当然無修正の動画も豊富です。しかも外国人のアダルトビデオだけでなく日本人の出演するビデオもモザイクが無く無修正で見ることが可能です。そのため高価な会員制サイトを契約しなくても無料で高クオリティな無修正動画をいつでも楽しむ事ができます。もちろん契約の必要もなく、視聴可能な上限も無いので時間の許す限りいつまでも好きな動画収集を行うことが出来ます。
こうしたXVIDEOではさらに個人の方がまとめサイトを作成しているので、これらを利用するとさらに効率的に動画を探す事が出来ます。こうしたまとめサイトでは女優名やプレイ、さらには年齢や体型などかなり細かな指定が可能です。こうした指定を行うと最新の動画や人気動画など関連する動画を一覧で検索することが可能なので、もはやアダルトビデオは購入するのではなく、ネット上に無限にある動画をいつでも検索し視聴するというのが新たなエロ動画の楽しみ方になるかも知れません。

エッチな写真を見る目的と見た時の作用について 

エロ画像検索は、エロ動画の静止画像の一部としての使用用途が多い気がします。男性の場合、エロ画像検索する目的は、抜ける一瞬の部分をより強固に目に焼き付けるためでもあると思うからです。好きな動画の一部分を抜粋したようなものが、エロ画像検索にはあるので、世の男性の楽しみの一つが、エロ画像検索でもあると思います。楽しみの一つで、抜くための要素としてだけではなく、流し見で、男の性で見ている部分も、もちろんあります。

こういったエロい要素がたくさんある画像は、エロい系の動画の紹介として、作品の静止画像がたくさん掲載されている場合もあります。ほうほう、こういう流れの動画なのだな、と見ている人にとって、購入する前段階のプレゼンテーションのような部分があるので、エロ画像検索には重要な役割がそれなりにあります。

こういった画像は、女性にとっても、参考になることがあるものです。例えば、伝説のフェラ女王のようなレベルのアダルト女優のフェラの静止画像を見ては、勉強になることもあるものだからです。手の使い方や指の使い方一つにしても、女優の静止画像を見て勉強をしたり、参考にすることも、女性にはあると思うからです。

チンコキをしているときや舐めているときの指の使い方として、どこの部分を指で抑えているのか、指の動き方はどうしているか、ということをプロの女優やフェラに関してレジェンド化している女優の画像を見ることは、参考になるものです。

こういったアダルト要素の強い画像をネット上で探して、目に焼き付けるように楽しむことは、男性にとっては精神的にも大きな癒やしにもなっているものです。日々の仕事の疲れを、エッチな写真を見ることで癒されることもあれば、ホッとすることがあるからです。

男性は日々、仕事で戦っているので、エロ要素満載の写真を見ることで、開放感を味わって、日々の生活の疲れを癒しているものです。だから、こういったエロ要素が非常に強い画像は、抜くためだけではなく、目で見て楽しんでは、精神的に癒やす作用もあるという素晴らしいお仕事を、世の男性にしてくれているのです。ロリコンには堪らないぱいぱん れいぷ画像なんかもネットで検索すれば溢れてます。どんな性癖にも応えてくれる画像はネットには沢山あるのです。

好きな現役AV女優は紗倉まなです。

最近のAV女優はビジュアルレベルが高くなりました。
そんな中でも一番可愛いと思うのが紗倉まなです。ショートカットがとても似合います。
顔だけ見ると小柄なイメージがあるのですがプロフィールを見ると160㎝になっています。
今の時代としては平均的な身長でしょうか。童顔ですから小柄に見えるのだと思います。
まだ彼女は22歳。あと5年は最前線で活躍してほしいと願ってます。
私はルックスを重視するので好きになるAV女優は全員可愛い娘です。
最初に好きになったのが星野ひかるです。抜群のルックスで人気を誇っていましたがすぐに引退してしまったのが残念です。
その後は特別に好きなAV女優がいない期間が長く続きました。
もう好きなAV女優は現れないと思っていた頃に出会ったのがみひろです。
何作もDVDを購入して毎日のように観ていました。
握手会などのイベントにも参加しようと思いましたが迷っているうちに引退してしまいました。
引退後も芸能活動は続けているので機会があれば行きたいですね。
30歳を過ぎて大人の魅力が増しました。1人の男として結婚してしまったのは少し残念な気持ちはありますが彼女が幸せになるなら喜ばしいことです。
そして現在の紗倉まなに至ったわけです。現役時代みひろのイベントには参加できませんでしたが紗倉まなの握手会などには参加したいと思います。
秋葉原などで頻繁に握手会やサイン会が行われているんですよね。
紗倉まなのようにメジャーになるとイベントを開催することは少ないでしょうが、インターネットで調べてみると知ってる女優さんもイベントを開催していました。
出演のDVDを購入すると握手とサインが貰えるようです。また複数枚購入するとツーショット写真まで撮ってもらえるようです。
今後開催されるか分かりませんが紗倉まなとツーショット写真が撮れるなら行くしかありません。
しかし参加人数限定ですから人気があるのですぐに予約一杯になってしまいそうです。
こまめにインターネットをチェックしてその機会を待つことにします。余談ですが彼女のお掃除 フェラチオ無料動画が見れるサイトってないですかね。もう彼女の事で頭がいっぱいでどうかしそうです。

不倫にあこがれる男性

「不倫は文化だ」と言って世間からたたかれた俳優さんがいますが、本当の所そうなんじゃないのかと思っている男性はかなりアダルトな男性です。
なぜなら、不倫をするためには自分が結婚しているか、人妻と付き合う器量がないといけないからです。
なのでアダルトビデオを観て楽しんでいる、あまり女性経験がない男性にとっては、夢のまた夢と言うか、ファンタジーの世界の様な遠い国で行われているような話なのです。
その場合は、あまり感情移入ができなくて、多分興奮しないと思います。
やはり不倫ものを楽しんでいるファン層の中心は結婚している男性だと思います。
自分も似たような経験をしているから…というような人ばかりではなく、多分「一生のうちに一度くらいしてみたいけれどできそうにもない」「たまたま結婚はできたけど全然もてない」そんな既婚男性がこの手の作品を楽しんでいるのではないでしょうか。
とにかくアダルトビデオに出演している、人妻たちはめちゃくちゃきれいです。
しかもスタイルが抜群で、セックスも大好きです。
そりゃこんな女性と付き合えるなら結婚していても付き合ってみたいと思うのも当然だと思います。
また結婚している男性も、たいてい身の回りに気に入っている女性がいるものです。
会社の若い女子社員だったり、隣の家の人妻だったりするかもしれません。
とにかく結婚はしているわけで、妻以外の女性とセックスさえできれば不倫になります。
なので、ある意味女子大生ものでも、女教師ものでも、相手の女性の年齢や立場に関わらず、相手の男性が自分たちの様なおっさんの場合は、同じような感じで興奮できるのではないでしょうか。
そしてアダルトビデオに出ている男性はたいてい、自分たちのようなオッサンが多いのも嬉しい事です。
ただし最近は女性向けのアダルトビデオも出ていて、その場合は自分たちとは似ても似つかないイケメンだったりするので感情移入はきっとできないでしょう。

見るのとやるのでは大きな違いがあるのがキス

見ていると気持ち良さそうな感じなのに、実際にやって見ると大した事が無いというのがキスではないかと思っている。もちろん魚の種類の事を言っているのではない。口と口を重ね合わせる方の事である。

おそらくだが、ここには性感帯があまりないのではないだろうか。まぁ個人差があるから、私がたまたまそうだったという可能性も否定はできない。少なくともAVを見る限りでは相当気持ち良さそうだから感じない等と言う方が正常ではないのかも知れない。

ただ、この組み合わせが口同士ではなくて、口とペニスだと非常に気持ち良くなる。これは厳密には口づけに当てはまらないかも知れないが、気持ち良くさせる事ができる場所であるのだから、その価値は極めて高いと言えるだろう。

まぁしかし、これは邪道である。やはり本流は口同士であろう。激しい物になると下を絡ませるディープなものもある。こちらはいかにも気持ち良さそうだ。舌は大抵の場合ピンクっぽい色をしているはずだが、これがまたエロさを倍増させてくれるのだ。唾液の光沢も加わってイヤラシサ全開という訳である。

それ自体はそれ程快感を得られないのに、どうして人はキスに対して執着するのだろう。そこで考えたのが、気持ちいいからではなく、その行為を相手としている事自体に満足感を得ているという可能性である。

別の物だが、一説にはマンコよりもオナホールの方が数段気持ちいいらしい、にも関わらず男性の多くがマンコへの挿入を辞めていないのには理由がある。相手のマンコに今、自分のペニスが挿入されているという事自体が嬉しいからだ。キスにしても、それ自体はコンニャクとそれ程の感触の違いはないのだろう。しかし、それでは意味が無い。美しい女性としていないからである。やはり誰とするかは無視できない問題だ。

性感帯がないのではとは言ったが、私もあまり経験豊富で無いので正直な所分からない。暫く続けていればもしやという可能性もあるだろう。

近親相姦ものについて考えてみよう

近親相姦ものというようなアダルトビデオはないわけではないのかもしれませんが、もちろん、近親相姦を実際に撮影しているというわけではないでしょう。近親相姦もののマンガとかであれば、逆に本物の親子なり兄妹なりであると考えてもいいのかもしれませんが。
このようなものは兄妹とかであれば、けっこうありふれているのではないでしょうか。たしかに、父親が娘に手を出したとかいうのですと、ちょっと陰惨であるというような感想を漏らさざるを得ないのかもしれませんが、兄と妹というようなのであれば、そこまで陰惨という感じは致しません。
アダルトビデオなんかでも、ベットの上の段で妹が彼氏と交わっているのに我慢できなくなってしまい、兄が妹と交わるとか、けっこうありがちなシチュエーションではないでしょうか。このような禁止と侵犯というようなバタイユ的なテーマは、しかし、つまらないようにも感じられますが、それなりに全盛期を風靡したことはたしかです。三島由紀夫なんかですと、ほとんどこういうのばっかりなのではないでしょうか。「春の雪」なんかがその頂点に位置する著作でありましょう。
しかし、アダルトビデオで本物の兄と妹が出てくるというのは考えにくいのではないでしょうか。しかも、別に本物の兄と妹だからと言って、そんなに見ごたえが出てくるというわけでもないでしょう。
姉と弟という組み合わせですと、姉はそんなに持てないらしいです。弟に対して支配的であると同時に庇護的であるというのは、母親と同じようなふるまいであるように思われるのですが、あるいは支配的な面が出てしまうのかもしれませんし、男を立てるというような感じにはなかなかならないというようなこともあるのかもしれません。しかし、このような組み合わせについては、程度問題であり、統計的なデータがあるわけでもないでしょう。ただ、そういうのを取ってみますと、ちょっとした研究にはなるかもしれません。

1 2 3
PAGE TOP ↑